新宿区議会のオレンジ担当、小学生からは「オレンジマン」と呼ばれる(作戦成功?)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、西落合周辺で活動させていただきました。
たくさんの方から区政に関するご意見やご支援のご表明をいただくことができました。
大変厳しい挑戦ですが、活動量を増やして頑張ります。

さて、私は毎日オレンジの服を着ています。
地域では定着し、オレンジの服を着ているだけで300メートルほど離れていても、気づいていただくこともありました。
オレンジは、若さやエネルギーを連想させたり、私の名前に「陽」が入っているため、相性が良い色だと思っています。

私がオレンジばかり着ていたことで、地元の小学生からは、「オレンジマン」と呼ばれてしまいました。
まずは私のことを知っていただき、政策等の他の情報に関心をお持ちいただける流れが多いです。
まずは覚えていただくことが大切です。
保護者の方にもブログをお読みいただいていたようで、ICT教育など取り組んでいる政策についても知っていただくことができました。
オレンジ色をきっかけに、新しい出会いにも繋がっています。

これから寒い時期に突入します。
よく、上着を羽織らずに街頭で活動をされる方もいらっしゃいます。
私は無理をすることなく、街頭活動を実施したいと考えています。
そこで、オレンジの帽子、マフラー、手袋を購入しました。
全身オレンジとなりますが、新宿区議会のオレンジ担当「オレンジマン」としてさらに浸透するよう頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。