第4回は1月31日まで。みんなで一緒に自然の電気

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

CO2の7割はエネルギーと言われています。
その中でも事業者が多いので、エネオクと呼ばれるリバースオークションによる再エネの普及を行なってきました。
電力会社から事業者への手数料収入により成り立っているため、新宿区の予算はかかっていません。

さらに、家庭への取り組みも重要です
新宿区でも「みんなで一緒に自然の電気」の普及を行なうことが表明されています。
東京都のページですが、家庭の電気を再エネに切り替えることができるサービスです。

みんなでいっしょに自然の電気

イノベーションが重要ですし、需給のバランスもあるので負担をかけて進める必要もありませんが、エネルギーの選択肢が増えて市場から課題が解決されることは重要だと考えています。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。