超激戦の府中市!日本マイクロソフト、プレジデントから都政に挑む藤井あきらさん

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、府中市の藤井あきらさんの事務所開きへ。
新宿区議と藤井あきらさんは一切関係なさそうですが(?)、実は私もお世話になっている雑誌プレジデントを通じてつながりがありました。

プレジデントでは小池百合子都知事の特集が行われていましたが、その記事を担当されていたのは藤井あきらさんでした。
私が藤井あきらさんと直接お会いしたのは、都政に挑戦されることが発表されてからでしたが、過去に私が関わる記事を編集いただいたこともあるため、不思議なご縁を感じました。

藤井あきらさんは、京都大学出身、日本マイクロソフト、プレジデントと、民間でも素晴らしいキャリアがありながら捨て身で都政に挑戦されます。
民間企業での経験もあり、ICTに強いのが、藤井あきらさんです。
本日の事務所開きでは、街宣中で車で移動中だった三鷹市の鈴木くにかずさんからも、テレビ電話でメッセージが届きました。

さて、藤井あきらさんを応援しているからこそ、率直に申し上げます。
直近の世論調査等を分析する限り、最も厳しい戦いになる選挙区の一つが、この府中市です。

東京都議会議員選挙で府中市の定数は2です。
自民現職、都民ファースト推薦現職(元民進幹事長代理)、共産党など、すでに既存の勢力だけで凄まじい激戦が繰り広げられています。
そこに、新人である藤井あきらさんが飛び込んでいくことになりました。

今日も地元の方から、
「小池さんがバックについてるなら大丈夫。」
と声をかけられていましたが、全くそんなことはありません。
ご本人が一番世論の反応について実感していると思いますが、少しでも気を抜いてしまうと、確実に厳しい結果を迎えることになります。
すべてのリソースを投じ、地べたを這いながら、大きな組織を相手に戦わなければなりません。

藤井あきらさんなら、絶対にやり遂げると信じています。
また私も必ず府中へ行きます。

ぜひ、ホームページから後援会へ入会申し込みもできるので、府中市民の方はぜひご覧いただければと思います。
また、それ以外の方も街頭演説やボランティアの情報などチェックいただければと思います。

藤井あきら Official Site

藤井あきらさんには、これから優秀な若い政治家として、ご活躍いただきたいと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。