漫画・アニメ・ゲーム表現の自由を。2019年最後はコミケ街宣

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

大晦日はコミケ街宣でした。

私の世代は、漫画、アニメ、ゲーム、プラモ、フィギュア、ライトノベル、同人誌などが広く普及し、楽しませていただきました。
作品は私たちの夢や希望であり、青春であり、心の支えです。

国、地方問わずに表現の自由を守ことは重要な政策だと考えています。
また、自治体の課題を解決するためにもエンターテイメントとの連携は有効だと考えています。

今年も様々なできごとがありましたが、私自身も初当選の直後から出させていただいた街宣に復帰できたことが感慨深いです。

2019年も最終日となりましたが、お世話になりました。

良いお年を。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。