今年の開発はJavaScript・React中心に

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

社会人インターン(ほぼ趣味)でプログラミングに取り組んできました。
昨年は、PythonのDjangoやFlaskでAPIを作ったり、プロトタイプを開発することに挑戦していましたが、今年はReactに力を入れたいと思います。

React – ユーザインターフェース構築のための JavaScript ライブラリ

Reactは、Facebookが中心となり開発されているJavaScriptライブラリです。
実は昨年から勉強をはじめておりまして、WebからiOSアプリの開発まで対応できるので便利だと感じました。

社会人インターンシップでは、AIと組み合わせ、ポジティブな投稿のみを可能とし、トークンを配布するSNSの開発を行っています。
Djangoと非同期処理などをjQuery(だいぶ昔に勉強した内容…)で対応していましたが、フロントはReactに切り替えて開発をします。

リスペクトするエンジニアの方にも、
「今から勉強するならJavaScriptがオススメ!」
とアドバイスをいただきました。
バックエンドもfirebaseがあったり、jQueryを書いた10年ほど前とは大きく変わっているようです。

今年は3本ほどサービスの立ち上げることを目標にしています。
できれば1本はスマートフォンアプリを公開したいです。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。