【超雑談】やっぱり幼少期に楽器やるならピアノで決まり?

カンパのお願い

まずはお知らせから!
6月10日(水)〜新宿区議会の第2回新宿区議会定例会がはじまります。

詳細はこちらです。
区議会日程 平成27年6月
本会議はインターネット中継もやります。
新宿区議会 議会中継

「最初はめちゃくちゃ緊張する!」
ということを先輩議員からも言われていますが、なんとかしっかり終わらせたいと思います。
代表質問の内容は、前回のブログでご応募いただいたご意見も盛り込んだ内容になっております。
リアル、ネット問わず、ぜひお気軽に傍聴いただければと思います!

久しぶりに政治以外の話題も。(笑)

昨年ウクレレをゆるーく独学で始めたことをきっかけに、
以前このような音楽に関する記事を書きました。
これから楽器を始める方にはブッチギリでウクレレがオススメです!その理由とは?

政治・選挙関連のコンテンツ以上にアクセスが多く、
「ブログを読んでウクレレをはじめた!」という方や、
プロのミュージシャンからお問い合わせまでいただいたり、
意外にも反響をいただきました。

そんな訳で、便乗して本日のテーマは音楽です!
※超雑談なのでご注意ください。

私は運動ができるわけでもなく、勉強ができるわけでもなく、
何の取り柄もなかったのですが、
少しだけピアノが弾けたことで人生が豊かになっていきました。

「ピアノ経験者」ということでプロの指揮者をされている方から応援をいただいたり、
音楽を通じて政治活動でも様々な出会いに恵まれました。

小学校時代は、ピアノが弾けるおかげで、
音楽発表会や朝礼などの合唱の際に伴奏をする機会があったり、
「マリオ弾いて!」「ドラクエの曲はできる?」などクラスメイトのリクエストにこたえながら、
教室にあるピアノで休み時間にプチ演奏会をしていました。

勉強も運動も特別できたわけではないけど、
ピアノがあったから、
自分も楽しみながらクラスでの居場所を作っていました。
おかげでたくさん友達ができて、楽しい幼少期を過ごすことができました。

しかしこれは、学校にピアノが設置され、
ピアノ演奏のニーズが頻繁に発生していたからこそ上手くいった話であって、
僕が選んだ楽器がギターだったら、
友達のリクエストにこたえて演奏したり、音楽会で伴奏することもなかったと思います。

良いか悪いかは別として、
きっとこの学校の制度こそがピアノ人口を生み出すことになり、
もっと言うと、ピアノの販売、ピアノ教室などこれまでのピアノ産業を支えてきたことでしょう。

一方で、幼少期の音楽における多様性を排除しているのも、
このピアノのインセンティブなんだと思います。

本来、何の楽器を始めるかは自由ですが、
やはり幼少期の段階では学校現場が与えるピアノのインセンティブ
なかなか逆らえない絶大なものです。

しかし、幼少期にピアノ以外の楽器に触れることで、
新しい音楽、新しい世界への出会いもあります。
実際に私はこんな経験をしました。
小学五年生の時に、音楽の授業を担当していた先生はあまりピアノが得意ではない方でした。
なんとその先生は、1年間アコースティックギターで歌の伴奏をしてしまったのです。
今思えばかなりロックな先生です。
それまでの私は、自分がピアノを弾いていたこともあり「音楽=ピアノ」だと思っていましたが、
ギターでの音楽の授業は、ピアノ以上に刺激的に感じたのを覚えています。

この音楽の授業でギターの魅力を知り、その後ロックに出会い、
中学、高校、大学時代には狂ったようにギターにハマっていきました。
当時はもう、バンド活動が楽しくて仕方なくて、
今でも当時のバンド仲間は仲が良く、一緒に仕事をしている仲間もいます。
自分の音楽体験がピアノだけだったらこの大切な出会いは無かったと思いますし、
ギターで音楽の授業をやりのけてしまう少し変わった先生がいなかったら
今の自分の価値観や考え方は無かったかもしれません。
つまり、今の自分は存在しなかったかもしれません。

なんだかピアノをディスっているような文章になりましたが、
結局一周回って自分にとって最高の楽器はピアノだと思っています。
これは、様々なジャンルの音楽に触れ、
他のギターをはじめ他の楽器に触れてきたからこそ感じていることだと思います。

やっぱりピアノという楽器そのものが素晴らしいから、
多くの人が選択しているんだと思います。

だからこそ、「なんとなく楽器をはじめたい!」ということであれば、
インセンティブも高いピアノが間違いないとおすすめしたいと思います。
そして、ピアノを通じて音楽に楽しさに触れて、他の楽器に興味を持ったときには
ぜひトライしてみてほしいと思います。

とにかく音楽は楽しむものです。

選挙前から6月の終わりまで音楽に触れる機会が取れなかったこともあり、
6月の本会議が終わったらゆっくり音楽を楽しむ時間をとりたいと思います。
ピアノが弾きたくなってきたぞー!

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。