自然エネルギーで実績のある伊那市と友好提携中なので

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

伊那市との友好提携について質疑を行ったのでご報告させていただきます。

新宿区のルーツでもある伊那市とは、カーボンオフセットの取り組みにご協力をいただいております。

伊那市との協力。「新宿の森」によるCO2削減・自然体験や木工品の誕生祝い | 新宿区議会議員 最年少の伊藤陽平

伊那市の自然エネルギーに注目が集まっています。
特に、新宿区の由来である高遠(高遠藩内藤家の内藤新宿より)にも発電所があります。

高遠さくら発電所/南信発電管理事務所

すでに自治体でも実績があるので、新宿区でもこちらの電気を使用することは有効だと考えています。

以下、質疑と答弁の要旨です。

伊藤 自然エネルギーについて伊那市では取り組みが進み、世田谷区ではすでに事例がある。友好都市として連携をすることもできるのではないか。

環境対策課長 今ご紹介いただいたのは、高遠さくら発電所というダム式の水力発電で、世田谷区の保育園へ販売、送電している。
大事なことは新宿区として具体的に何をするか。今年の8月から環境学習と教育の拠点である環境学習情報センターの電気については再生可能エネルギー100%に切り替えた。
地球温暖化の普及啓発に努めるとともに、同様の事例がこれから展開できないか検討する。

高遠さくら発電所の事例についてはよくご存知で、検討するというお言葉もいただけたので大変心強く感じました。

新宿区においても公共施設については自然エネルギーが選択肢として議論されています。

コロナの影響もあり最近は伊那市に行けていませんが、また落ち着いたら発電所を見学したいです。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。