JPYCに約2000万円DEVトークンのご支援が!オープンソースが持続可能に

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

Stakes socialという国産のブロックチェーンサービス上でJPYCが2000万円相当、ステーキングのご支援をいただきました。
まだ、どなたにご支援をいただいたのかもわかりませんが、本当にありがとうございます。

Stakes.social

DEVトークンを用意して、Stakes.socialサイトにステーキング(預ける)します。
その報酬に応じて、ご支援いただいた方と開発者の双方にDEVトークンが配布されるシステムです。
年45%程度の報酬が入るようですが、これだけ多くのご支援をいただいているので大変助かりそうです。

寄付とは異なり、双方にメリットがあることで、持続可能な開発ができるようになります。

会計処理が大変かもしれませんが、行政もオープンソースで開発を行い、このようなサービスで開発費を賄うということもできるかもしれません。

私もプライベートではオープンソースで開発することもあるので、タイミングが合えば活用してみたいと思います。

ご支援をいただいたからには、期待にこたえなければなりません。
民間でもデジタル社会の実現に向けて頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。