コミケ街宣で、表現の自由がカツ!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は久しぶりにコミケ街宣でした。
今回も国会議員、地方議員がたくさん参加されていました。
現地ではTwitter上でお世話になっていた方、また以前からお世話になっていた方とも久々にお会いできました。

私は漫画、アニメ、ゲームの規制には反対で、地域活性化につなげるべきだと考えています。
新宿区では舞台とした作品も多く、地域活性化に貢献しています。
ゴジラには住民票が発行され、鉄腕アトムは栗津小学校の児童です。

また、ブロックチェーン事業者として自治体のゲーム規制も大問題だと認識しています。
最近はplay to earnという言葉が広まってきましたが、ゲームで生活できる時代に突入しています。
生き方として確立してきましたし、職業とも言えるゲームを規制することになります。
ゲームに関しては行政が介入せず、家庭で話し合いをいただくべきことかと思います。

表現の自由がカツ!
トンカツを食べて表現の自由を守るための約束を守れるようがんばりたいです。

本年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員(無所属) / 1987年生まれ / 早稲田大学招聘研究員 / グリーンバード新宿チームリーダー / Code for Shinjuku代表 / JPYC株式会社。