子ども、学生たちの活動、コロナ過でも最大限継続を

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

区立学校で分散登校、リモート授業が活用されます。
対応できないご家庭もあると思いますが、学童クラブで対応が行われます。

さらに修学旅行等の移動教室については、緊急事態宣言の場合には中止とする方針です。
これは、都道府県を超えた移動を伴うことが理由とされています。
そこまでの状況になるのかわかりませんが、学校生活にとっても大きな影響です。

ご批判もたくさんありましたが、パラリンピックのように感染症対策を行なった上で任意で実施すべきだと考えています。
不要不急な行事ではありませんし、時間は戻ってきません。

私も大学から最終試験があるのでコロナにかからないように、濃厚接触者にならないようにと注意がありました。
グリーンバードにも早大生が参加できなくなりましたが、進級、卒業ができないと困るので、大学が感染後の対策を示さない限り、できる限り外出を控えて安静にせざるを得ないです。
リモート自体は普及して、感染や濃厚接触者になっても学業や進路に影響がないよう対応が求められます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。