ヒラリー優勢の雰囲気から一転、なぜ外れた!?トランプ大統領が誕生へ!

本日は米国大統領選挙でトランプ氏が勝利をしました。

私はほとんどアメリカの政治については何もわからない立場ですが、大変興味深い選挙として見させていただきました。

接戦だと言われている選挙は開票速報もドキドキしますね。

ヒラリー・クリントン氏は、ファーストレディー、国務長官などを務めたまさに権力を思うがままに動かせるエスタブリッシュメントの象徴的人物でしたが、変革を訴える経営者のトランプ氏が巨額の私財まで投じて追い詰めついに当選してしまいました。

政治関係者の投稿を見ると、
「まさかこんなことが起きるとは思わなかったし、選挙は何が起こるかわからないもんだ…」
という投稿が目立ちました。

もちろんアメリカの有権者が何も考えていないわけではなく、自由な意思で選択をした結果です。
確かにトランプ氏が数々のピンチを乗り越え支持を伸ばし最終的な勝利をしたことは常人には真似できないミラクルなことですが、ラッキーで気が狂って投票するような人が増えたわけではなく、才能があってやるべきことをやったから当選したものだと言えます。

なぜ当選の見込みが低いとんでもない人物だという話が広まったかと言えば、メディアや米国通だとされる専門家の影響です。

スカパーで海外のニュース番組を見ることがありますが、ヒラリー優勢だという報道ばかりでした。
日本のニュースでもトランプさんの発言はあえて「悪者」感がでるように訳されていました。
また、日本の場合は安倍総理とヒラリー氏が接触していた印象も強烈でした。
メディア(それに出る専門家)は明らかに民主党に偏っている状況だったと言えます。

雰囲気だけ見ると、まずトランプ氏が当選するなんて想像もできませんでした。

ネットでは渡瀬裕哉さんが世論調査の結果を踏まえたり、今後の展開などを予測することで泡沫扱いされていた予備選挙の頃からトランプの勝利を予想されていました。

渡瀬さんの記事はこちら↓
「トランプはヒラリー・クリントンに勝つ!」5つの理由

当選後の記事↓
トランプ大統領誕生は「数字」を見れば当たり前のことだった

もちろんこうした意見はこく一部のものでしたが私はたまたまトランプ氏に関する正しい情報発信をされている日本人が一定数周りにいたので、今回の当選は違和感はありませんし、リスクを取って大統領選挙に関する記事を公開されてきた渡瀬さんのような方を尊敬しています。
ネット社会ではこうした情報も普通に公開されているものです。

日本でもそうですが、政治という分野に関してはデマであってももっともらしくメディアに報じられます。
そして、それを信じた人たちがさらに拡散していくことであたかも本当のような状態になります。

今回トランプ氏の当選は、どの国であっても政治や選挙とはプロパガンダが行われるものでメディアなんて信用ができないものだと言うことがよくわかる事例となりました。

過激な発言だと注目されていたのは、日本と同様にあくまで「選挙」でありこれから行われる「政治」とは別物になります。
アメリカが選んだ新大統領の動きに注目し、日本としてはどのように対応しなければならないのか、考えていきたいと思います。

スピーチもぜひご一読を↓
トランプ新大統領が勝利宣言「私は全てのアメリカ人の大統領になる」(演説詳細)

私は一切手を出していませんが、トレーダーの方にとっては刺激的な一日だったみたいです。
新宿区議会議員選挙で私が当選したくらいでは為替も株も動きませんが、大統領選挙の結果でこれだけ大きな値動きをすることは興味深いものです。

これを機会にアメリカの政治経済についても注目していきたいと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。