こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

ついに、おときた駿都議が離党届けを提出されました。
記者会見の様子はYoutubeで閲覧できます。

ちょうど電車に乗ってこちらの動画を閲覧していると、たまたま会見直後の上田令子都議と車両が重なりバッタリ。
おときた都議と同じく大きなご決断をされた上田都議に、お疲れさまでしたとお伝えしました。

政治家は苦渋の決断を迫られるものです。
どのような結論を出したとしても、そして政治家であり続ける間は、
「離党は裏切り行為だ!」
あるいは、
「組織なんだから我慢しろ!」
そして、
「大人しくしていれば国政も夢じゃないのに…。」
と言われてしまうこともあるでしょう。

これまでも、おときた都議は有権者に筋を通すことを第一に考えられる方でした。
おときた都議の北区の支援者の反応を見る限り、今回の決断について一定の評価をされているようでした。
どちらにしても賛否両論のテーマであるため、私たち外野は好き放題言えることです。
最終的には地域の有権者にご判断をいだくことになると思います。

また、おときた都議の政治生命についても気になるところです。
区政とは異なり、都政や国政を無所属で勝ち抜くのは非常にハードルが高いため、今回の件で政治生命が終わったと見ている方もいらっしゃるようです。

次回の都議選はさらに厳しい戦いになることが予想されますし、信念を貫くことを優先し、国政や夢の総理大臣へのルートをリセットしたことにもなりますが、茨の道を選ばれた覚悟は並大抵のものではありません。
今回の決断が正しかったか否かについては、今すぐに判断できることではないでしょう。
ただ、決断したご本人が納得していればまったく問題ないことです。

さて、都民ファーストの会の方針も考え方の一つだとは思いますが、おときた都議が自由な立場になったことは率直に嬉しいことだと思っています。
強みである情報発信も、さらに自由にできるようになるのではないでしょうか。
離党したからには、希望の党あるいは小池都知事や都民ファーストの会に対して、ご自身の意思に基づいて建設的な議論が行われることになるでしょう。

一方で、特にインターネット上では、小池都知事や希望の党に対する厳しいご意見も多く、常に炎上状態にあります。
ネットでの情報発信力のある都議ということで、小池都知事を批判するポジションと判断されると、「アンチ小池の代表格」のようなネガティブなレッテルが貼られてしまう可能性もあります。
私が申し上げるまでもありませんが、ネット上でご本人の意思とは反する憶測が飛び交ったり誤解が生まれたりしないかと、少しだけ心配です。

先日のブログから繰り返しになりますが、小池都知事や都民ファーストの会は、「しがらみのない政治」を掲げていましたし、それはつまり好きだ嫌いだなどで忖度することもあり得ないということです。
実際に都議選では多くの新人都議の方々が、あいさつ回りなどを中心とした古い選挙ではなく、インターネットを活用したり、実現したい政策を訴えることで、厳しい選挙を勝ち抜かれていました。
政策本位の精鋭であっても、立ち上がったばかりの政党・会派のため、まだ試行錯誤を重ねている段階だと思います。
少数会派の意見も大切に扱われることになるでしょうし、提言内容と発信力があれば、政策を動かすことも不可能ではありません。

おときた都議と上田都議による新しい会派「かがやけTokyo」ですが、少数会派になるとできないことが増えるというご意見もあるでしょう。
ただ、大会派にいたからこそできなかったこともたくさんあるでしょう。
ブログもこれまでのキレ味を取り戻しているようですし、かがやきを取り戻したおときた都議が、結果を残すことに期待しております。

大きな組織を飛び出し、地盤、看板、鞄がゼロの状態からの再スタートです。
政策を動かしたり、政治家として勝負に出るためには、個人のポテンシャルで名を轟かせることが必要です。
今回の決断が英断となるかは、今後のご活動次第です。
また、同じ無所属になったことですし、これまで以上におときた都議のお力になりたいと思います。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。