こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は早稲田大学で行われていたNPO「全世代」第5回フォーラムへ。
ユースデモクラシー推進機構の仁木代表が登壇されていました。

仁木代表は講演で、まず自由民権運動についてお話をされていました。
日本の歴史を振り返ると、権力による税負担や規制などに苦しみ、一揆が行われることもありました。
10代、20代の若者が立ち上がり、民の立場から自由民権運動が行われました。
今では、自由民権運動の精神は忘れさられ、税や規制を多くする方向で政治が行われてきました。
日本は成熟し、インフラも整い、セーフティネットが拡充し、誰もがパソコンやスマートフォンで世界中の情報にアクセスできるようになったり、相対的に豊かになりました。
さらに、政府ができないことを民間から実現することで社会を動かしたり、日本がダメだと判断した人は海外へ移住する自由もあります。
昔に比べて相対的に自由を獲得できた部分もあります。

だからと言って今の状況が良いとは思いません。
自由民権運動当時の気持ちを想像し、政治が存在することで不利益を被る方を切り捨てないよう、民の立場から減税や規制緩和を訴えてまいります。

自由民権運動で活躍された植木枝盛氏は、
「未来がその胸中にある者、これを青年という。過去がその胸中にある者、これを老年という。」
という名言を残されています。

今のところは、頭の中は未来のことだらけです。
青年のままでいられるよう、自由な立場で頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。