内田派の情勢が悪くなってきたことが、早くも表面化してきました。

千代田区長選 中央大の佐々木信夫教授が出馬辞退(産経)

区長選挙ともなれば、知名度や魅力のある人物が必要です。
佐々木氏は自民党が擁立するには無難な候補でした。
しかし、立候補を打診していたのは、公明党の一件以前の話だったことも踏まえると、佐々木氏の判断は冷静なものだと言えます。

公明党が意思表示をする前であれば、金銭的に手厚い支援を行うなどのオプション次第では時間をかけて交渉の余地がありましたが、今後は並みの条件では誰も出たくありませんし、タイムリミットを考えると交渉自体が雑なものになります。

来月告示を控える中で、今から名乗りを上げる候補者がいたとしても、スケープゴートでしかないことはバレバレ。
こうした状況で無党派層の心を掴まなければ当選が難しい千代田区で支持を獲得することは難しいのではないかと思いますし、ネガキャン等の対策まで想定すると、もうほとんど時間はありません。

一方で都議会議員選挙に目を向けると、維新の会が候補者の擁立に精を出している様子が伺えます。
大阪で改革派として活躍する維新の会も、希望の塾のように東京で政治塾を開講していました。
その中で東京大改革に関する厳しいお言葉もあったようです。

小池百合子都知事の大改革は「池のほとりで遊んでいるようなもの」 維新・馬場伸幸幹事長がチクリ(BIGLOBE)

仮に小池陣営が候補者を擁立する場合、各選挙区で維新の候補者とバッティングすることになります。
少なからず都議選への影響は出ると思いますが、これは都議会自民党にとって悪い話ではありません。

ともあれ、東京維新の会は改革勢力として小池都政と親和性が高い部分もあります。
今後は改革勢力として都政をより良い方向へ導くようご活躍いただくことを期待しております。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。