外国人はお通しを知らない?新宿区・渋谷区でバウチャーチケット「TOKYOナイトタイムパスポート」

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

新宿区の魅力は、ナイトタイムエコノミーです。
歌舞伎町、ゴールデン街、二丁目、三丁目、思い出横丁など大変賑わっています。

今回は渋谷区とタッグを組み、「TOKYOナイトタイムパスポート」が発行されます。

渋谷・新宿:ナイトライフで連携 訪日外国人向けチケット – 毎日新聞

 事業は渋谷区観光協会と新宿観光振興協会などが、公益財団法人「東京観光財団」(新宿区)の地域資源発掘型実証プログラム事業として実施する。来年1~2月に新宿観光案内所などで、3000円と2000円の半券が付いた計5000円分のチケット5000枚を販売。訪日外国人は半券を切り取ることで、チャージ料などを含む金額分のメニューを楽しめる。

訪日外国人の方をよく見かけますが、チャージやお通しは多くの外国人の方には馴染みのない文化です。
また、歌舞伎町では客引きによるぼったくりの問題もあり、躊躇されるかもしれません。
日本の文化を周知するよう取り組みが行われてきましたが、今回のバウチャーチケットを活用することで、安心してお店に足を運べるようになります。

新宿区にこそ、夜の市長「ナイトメイヤー」が必要だと考えています。
ナイトタイムエコノミーを推進する上で、関連する規制について現場で議論をすることが大切です。
これまでも歌舞町議会を開催しましたが、街で議論をする場が増えるよう、議会内外から活動に取り組んでまいります。

私も今夜は、ナイトタイムエコノミーのフィールドワークとして歌舞伎町のお店をまわらせていただき、改めて活気を感じることができました。
オーナーさんが新宿区民、そしてたまたまお隣の方が若松河田の方など、お酒をいただきながら楽しい時間を過ごさせていただきました。
歌舞伎町で3箇所、4枚もポスターのご協力もいただきありがたいです。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。