やったこと=実績ではない。アウトカムを重視して過去から学ぶ決算へ

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

大学院で予算制度論の授業がありました。
予算が重視されていますが、決算は非常に軽視されています。

事業が始まる前後は注目が集まり、
「10万円配りました。」
ということで終わってしまいます。

会計はあって功績を計ることです。
決算は過去から学ぶために必要です。

アウトカムで功績を計らなければいけませんが、アウトプットが重視されています。
先ほどの例だとお金を配っただけでなく、それによって生活がどのように変わったのか、また費用対効果があったのかを議論しなければなりません。

次の定例会でも会計に関する質問をしますが、民間や大学院で学んだことを活かしたいです。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。