シェアオフィス「こそだてビレッジ」で子育てと仕事の両立を

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

本日は、以前区議会や私のタウンミーティングにお越しいただいた、
子育て中ママお二人と打ち合わせ。

私は「子どもにツケをまわさない」というノボリを掲げ、
これまでも活動をしてきましたが、
財政状況を考えると、子どもの未来を想う親の政治参加は重要です。

活動を通して、本日お会いした若いママの方も含めて、
若年層の政治参加のあり方として、少しずつ注目をしていただけるようになりました。
私なりに、身近な暮らしや子どもの未来をテーマに、
気軽に政治参加できて成果に結び付く方法を考えていきたいとい思います。
また、進展があればご報告します^^

 

さて、おもしろいアイデアを生みだすためにも、
おもしろい場所で話をすることは非常に大切だと思います。
本日の打ち合わせは、お隣豊島区にある「こそだてビレッジ」にお伺いさせていただきました。

こそだてビレッジ | リョウザンパーク| RYOZANPARK 巣鴨・駒込シェア賃貸

最大の特徴は、シェアオフィスでありながら、
キッズルームが併設されているところです。

作業スペース
image

遊ぶスペース
image

お昼寝スペースも^^
image

「”こそだて” と ”はたらく” に 選択肢を!」
とキャッチコピーがホームページに書かれていました。

働くと言っても会社に就職するだけではなく、
独立をすることで働き方にも多様な選択肢が生まれています。
そこで、子どもと一緒に働くということは、
今後、選択肢の一つとして注目されるようになると思います。

0歳のかわいい赤ちゃんがすぐ近くにいる状況で、
打ち合わせをしましたが、とても癒されましたし、大変素晴らしい環境です^^

以前も文教子ども家庭常任委員会に、
8ヶ月の赤ちゃんを連れたお母さんが
傍聴にいらしてくれたことがありましたが、
これは本当に嬉しいことです。

過去のブログはこちら
0歳でも傍聴できる!9月の本会議・委員会の傍聴はいかがですか?

こそだてビレッジの取り組みのように、
区役所や、区議会議員でも子育て世代が区政参加できるよう、
改善していくことが大切です。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。