【写真有】席はガラガラ、儀式的!?新宿区議会本会議突撃レポート

本日も新宿区議会ネタです!
前回のお話はこちらをどうぞ。
(注意されるかも!?新宿区議会での写真撮影は許可が必要な話)

ということで、先日新宿区議会本会議へ突入してきました!

会場は、建物の5階6階が使われており、
5階が議員の方が実際に座ってらっしゃる場所ですが、
傍聴席が5階・6階で、6階からは全体を見下ろすかたちになります。
私は今回6階から傍聴してきましたので、
そこからの様子をお写真でご紹介します!
IMG_1232

傍聴席はご一緒させていただいた1名を除きガラガラな状態でした。

5階に関しても数名はいらっしゃいましたが、 ピチっ!とスーツを着ていらっしゃる方が多く、
明らかに私服でフラっと的な傍聴者の方は確認できませんでした。

お次は本会議の様子をご紹介。
IMG_1237
普通の会議室で開催されていた委員会と比べると、雰囲気のある会場ではないでしょうか。

こちらは、中山新宿区長のお写真です。
IMG_1245
発表する方が意見を述べる際には拍手が入ります。
誰が意見を述べるかによって拍手をするかしないか分かれていたのが印象的でした。

急遽突撃をしたせいなのかもしれませんが、
傍聴席に議員の手元にある資料がなかったため、
全体を通して何の話をしているのかはいまいちわかりませんでした。

また、私が感じた率直な感想ですが、
テレビで見るような国会で熱く大きな声で話される(野次問題など話題になりましたが)イメージとは違い、
議題に沿って淡々と進んでいく印象でした。
「起立」や「異議なし」という発声で議員へ意見を聞くような場面もありましたが、
起立する人もほとんど決まっているような印象でした。
また、今回は会議中に「異議あり」と言った方はいらっしゃいませんでした。
これらはあくまでも私の個人的な感想で、別の会議では違うかもしれません。

会議の様子はインターネットでも映像が配信されています。
(新宿区議会はインターネットで中継!伊藤とリアル傍聴希望者も募集!)

新宿区議会へ本来主役である新宿区民が参加することが、新宿区をアップデートする上で必要だということは間違いありません。

しかし、現状の新宿区議会に新宿区民の関心が集まることはまず難しいかもしれません。(私の主観です)

大変小さなアクションではございますが、
今後も、若い世代に声をかけゆるく傍聴を続けていきたいと思います。

それでは本日はこの辺で!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。