新宿区成立70周年記念誌「新宿彩物語」発行、ダイジェスト版はネットで無料公開!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

1947年に3月15日に四谷区、淀橋区、牛込区が合併して新宿区が誕生しましたが、今年は新宿区成立70周年の記念すべき年です。
区内では、3月15日に70周年を記念する式典が開催されるなど、様々な取り組みが行われています。
そして、新宿区成立70周年記念誌「新宿区彩(いろどり)物語〜時と人の交差点〜」が発行されました。

新宿区成立70周年記念誌「新宿彩(いろどり)物語~時と人の交差点~」を発行:新宿区

資料として記録を残し後世に伝えることは、自治体として重要な仕事です。
およそ250ページとボリュームがあり、私もじっくり読ませていただきましたが、新宿区の歴史や新宿区にゆかりのある70人名の方々のご紹介などがあり、街の魅力について理解が深まる充実した内容となっておりました。

新宿区と言えば、高層ビルが立ち並ぶビジネス街、都庁がある政治の中心でもあります。
しかし、各エリアにはそれぞれ特色がありますが、この記念誌を眺めながら新宿区内の重要スポットを改めて巡っていきたいと思います。

また、これまで70年の街の様子が写真や文書で紹介されていたことに加え、歴代の新宿区長に関しても紹介されています。
新宿区が大きく発展してきたことは、公民問わず先人たちの努力の賜物であることを改めて実感しました。

記念誌は新宿区内の書店でお買い求めいただけますが、インターネットではダイジェスト版のデジタルブックが無料で公開されています。
英語版、中国語版、韓国語版もあり、外国の方でもお読みいただけます。

パソコンやスマホから無料のインターネットダイジェスト版でサクッと読んでみるのも良いですし、さらにご興味のある方は書店で記念に一冊お買い求めいただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。