グラスルーツスクールで地域課題の解決に必要な学びを

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、「NPO法施行20周年記念&グラスルーツスクール開講記念シンポジウム」へ出席させていただく予定がありました。
非常に豪華な登壇者で興味がありましたが、雪のため中止になってしまいました。

大変残念ではありますが、主催のグラスルーツスクールさんについてご紹介させていただきます。

ホームページはこちら。

グラスルーツスクール│行政と連携して公共領域の課題解決

グラスルーツスクールのキャッチフレーズは、「行政と連携して公共領域の課題解決」です。
これまで公共が担っていた仕事が徐々に民間へとシフトしています。
そのきっかけとなったNPO法は、グラスルーツ(草の根)からスタートしています。

グラスルーツスクール学長の松原明さんは、第一線で草の根運動に取り組まれ、NPO法の制定にも関わられてきました。
また、グラスルーツスクールの理事は、私も9期生として在籍していた日本政策学校の代表をつとめられている鈴木崇弘さん、そして事務局長は日本政策学校元共同代表の谷隼人さんです。

リアルに加え、オンラインで学ぶ仕組みも整っています。
ご興味のある方は、ぜひご応募ください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。