第一回歌舞伎町議会。若者会議とは別ルートの民間から新たな区政参加!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日から歌舞伎町の新企画「歌舞伎町議会」が始動しました。

まず、19時からはグリーンバード歌舞伎町チームでのお掃除をしました。
新宿区役所・区議会のまわりもお掃除します。

その後は、第一回歌舞伎町議会でした。
手塚マキさん、中沢宏昭さん、杉山文野さん等、歌舞伎町の皆様と議論をさせていただきました。

今回のイベントは、実は中身はほぼノープランでのぞみました。
そのため、自由にご発言をいただく流れとなりました。
議会で仕事をしている中でも、想定していなかったテーマのご意見もいただき、大変参考になりました。
一方で、議員の私への質問や要望が集中し、参加者同士で議論をする機会が少なくなってしまいました。
イベントの終了後には活発に議論が行われていましたが、今後はさらに参加者を主体にする工夫します。

大変難しい企画ですが、一度イベントを開催したことで気づいたこともあります。
歌舞伎町議会は、新宿区役所や新宿区議会へ要望をする場ではなく、議論を重ね、政策実現や民間での取り組みを決める場にします。
本日にお越し下さった方々にもお伝えしたように、今の新宿区議会では議会へ陳情・請願で議題を提出し、可決される可能性も十分にあります。
まずは、議会で可決する陳情・請願が生まれるところまで、歌舞伎町議会で議論の場をつくり、若者会議等の取り組み以上に実行力のある企画にします。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。