寄付をコンセプトにしたコミュニティスペースグリーンバード「subaCO」へ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、渋谷区へ遠征してNPO法人グリーンバードの運営する寄付をコンセプトにしたコミュニティスペース「subaCO」(スバコ)へ。
寄付に関する様々なパネルが展示されていました。
また、携帯電話の充電スペースも完備されていて、利用することで寄付につながります。

subaCOでは、毎日イベントが行われています。
木曜日は、グリーンバード歌舞伎町チームの杉山文野さん、手塚マキさんによる、ダイバーシティ初級編というイベントが行われています。
本日は、グリーンバード新宿チーム・大人の発達障害当事者の居場所であるNeccoカフェの金子磨矢子さんがゲストでした。

手塚さんが、Twitterで実況をしてくださっていました。

金子磨矢子さんや発達障害当事者の方からプレゼンテーションがあり、その後は活発なディスカッションが行われました。
Neccoカフェは西早稲田にあり、グリーンバードのお掃除や地域のイベントでもご一緒させていただいております。

また、先月は新宿チームを立ち上げられた乙武洋匡さんがゲストでしたが、新宿区に関係する方もたくさんお集まりのようです。

グリーンバードの活動がきっかけで、地域や社会的課題に関心をお持ちいただくことも多いと思いますが、新たなコミュニティスペース「subaCo」が学びの場や出会いの場となりました。
私たちグリーンバード新宿チームにも、ありがたいことに発達障害当事者の方など、多様なバックグラウンドの方がいらっしゃいます。
新宿チームリーダーとして今後も多様性あふれるコミュニティの醸成に努めてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。