福祉の選択肢は民間との連携!経済的自立に向けたひとり親支援を高田馬場から

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、以前もブログでご紹介させていただいた日本シングルマザー支援協会の江成さんからお声がけをいただき、ひとり親コンシェルジュ認定講座へ。
日本シングルマザー支援協会さんの事務所は、高田馬場にあります。

一般社団法人 日本シングルマザー支援協会

行政では、助成や手当、あるいはハローワーク等の支援が存在します。

しかし、上記の支援では不十分で、自立につなげることができない場合があります。

特に経済的に自立をする手助けが足りない現状があります。
自立が可能となる給料の高い企業を獲得したり、研修を実施することは、民間に優位性があります。

ひとり親の方に支援の存在を周知することも大切ですが、一方で支援をする側の人を増やすことも必要です。
シングルマザーの方が、シングルマザーを支援するために講座を受講されていました。

参加者お一人おひとりと対話をしながら進められていましたが、ご家庭のことについても深く議論されていたことが印象的でした。
お話を伺っていると、以前は行政として、母子家庭の支援をされている方もいらっしゃいました。
行政では、できる支援に限界を感じて受講されていました。
どちらの支援も大切ですが、役割の違いがあるため、住み分けが大切です。

福祉的なアプローチが必ずしも良い結果に繋がる訳ではありません。
ビジネス的なアプローチにより課題が解決される方もいらっしゃいますので、選択肢を増やすことが大切です。

全国の自治体と連携を進められておりますが、新宿区高田馬場で事業に取り組まれていることもあり、新宿区の課題解決にもご協力いただきたいと考えております。
民間との連携のあり方について、引き続き議会を通じて提言を行ってまいります。

それでは本日はこの辺で。

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。