厳しい時期だからこそ思い切って休む!街頭活動後に映画ダンボへ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、早稲田駅前で活動しました。
何度かこの駅に立ちましたが、名前が類似する某スーパーとコラボしているような気持ちです。

夕方から落合南長崎駅に立ちました。
五分に一度のペースでお世話になっている方とお会いし、激励をいただきました。
活動の鉄則として、居住地から支援が集めることが大切だと言われています。
ラストスパートは落合地域で始発終電キャンペーンを連発する予定です。

落合地域には、選挙に出る以前から面識のある方がたくさんいらっしゃいましたし、有利かもしれません。
また、国政政党を中心に近所の議員を応援するという方もいらっしゃいます。
私は、担当エリアもありませんので、全域で活動してしました。

そして、夜は街頭活動や春に向けての事務等をストップし、映画ダンボを観てきました。

有名なアニメ映画では、特有の複雑なシーンが多く、実写とCGで再現されるのか非常に楽しみにしていました。

実写ということで人を中心としたストーリーでした。
あまり書くとネタバレになりますが、衝撃的なクライマックスでした。

肉体的、精神的にかなりの負担がかかる時期ですが、思い切って休んだことでリフレッシュできました。
明日は朝から新井薬師前駅でガッツリ活動します。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。