分身ロボットカフェ「DAWN」Ver.β 2.0!コップもつかんでパワーアップ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、分身ロボットカフェ「DAWN」Ver.β 2.0へ。

分身ロボットカフェ「DAWN」Ver.β 2.0

分身ロボット「OriHime」

身体が動かせない方であっても、オリィ研究所さんが開発されている分身ロボットOriHimeを操作して接客のお仕事ができてしまうおもしろい取り組みです。
実は昨年も伺ったイベントで、楽しみにしておりました。
本日も国会議員の方が複数お見えになられていたようで、政治家の関心も高まっているようです。

まず、司会の方は、8,000km離れたオーストラリアのメルボルンにいらっしゃる方でした。
テレビ電話と異なり、存在感を感じることができます。

コーヒーを注文すると、大きなOriHimeがおぼんでテーブルまで飲み物を運んできてくださいました。

前回はそのお盆から自分たちで飲み物を取る方式でしたが、今回はコップをつかんで机の上に置くところまでをロボットで挑戦されていました。
失敗する可能性があるとのことでしたが、抜群の安定感に感動しました。

接客してくださった方のお一人は、昨年の分身ロボットカフェでご一緒させていただいた方でした。

SNSでもつながっている方で、私の名前も覚えていただいておりました。
不思議な再会をしながら、行きつけのお店にきたような感覚になりました。
ドローンの専門家の方と一緒に伺ったので、空飛ぶ分身ロボットのを妄想しながら話が盛り上がりました。

歌舞伎町にはロボットレストランと人間レストランがありますが、どちらの要素も取り入れた分身ロボットが接客を行うお店ができるかもしれません。

オリィさん、貴重な体験をありがとうございました!

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。