2020年の抱負

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

定番ですが、今年の抱負を。

昨年は選挙がありました。
当選することはできても、ルールの中で勝つことにこだわり、肉体的にも精神的にも消耗して色々と失ってしまった一年でした。

都知事選や衆議院選挙もありますが、今のところ特定の陣営に所属する予定もないため、政局とは距離を置いてじっくり活動をしたいと考えています。

自分用のメモみたいな者ですが、以下抱負です。

1.議会活動について
フットワークの軽さ、初動対応の速さを活かし、地域密着で区民相談へ対応させていただきます。
選挙で意思表示のできない将来世代のことを考慮し、5年、10年、あるいはさらに先まで見据えた政策提言を議会で積み重ね、新宿区政での定着を目指します。
今年中にビジョンやミッションを見直し、チームとしての価値を改めて打ち出します。
また、毎日のブログ・SNSや区政レポートの配布、そしてメディアでも取り上げられるようなPR活動を積極的に行います。

2.民間での活動について
グリーンバード新宿チームやCode for Shinjukuなど非営利活動にも力を入れ、新宿区に貢献します。
また、昨年から試験的にSNSの開発をDjangoで行い、テストユーザーにも入っていただいておりますが、今年はReactなどJavascriptの開発を強化し、Webアプリケーションとスマートフォンアプリの開発を行い、民間で活躍します。

3.趣味について
議員になってからあまり練習する時間が取れていませんでしたが、趣味の一つである音楽の時間を確保します。
演奏や作曲はもちろん、今年はDJの練習を頑張って、単独でパフォーマンスを行います。(可能であれば新宿区で)

どれも普段通りのことで、不可能なことは書いていませんが、平常時からコツコツ動かなければいけませんね。

それでは本日はこの辺で。