放課後広場プラス感染判明で心配でも、学校の詮索等はお控えください

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

放課後子ども広場プラスで、感染者が報告されました。
1日も早い回復を願っております。

新宿区ではプライバシーへの配慮を優先し、学校名等の公開は行っていません。
私のところにもご質問をいただきましたが、医療従事者で明日の出勤を心配されている方もたくさんいらっしゃると思います。
ご安心をいただくために一般論で恐縮ですが、少しだけ解説をさせていただきます。

学校は消毒、そして接触者は健康観察など適切に行われています。
あくまで一般論ですが、周辺の方は何が起きているかわかっているはずです。
一方で、情報が届いていない方は直接的な接触がないと考えることもできると思います。
私のところにも心配されている方からのご意見が複数届きましたが、お調べいただくことはお控えいただければと思います。
また、仮に学校を特定できた場合にも公開はお控えいただきたいです。

これまで通り同じ区民、区のためにお仕事をされている職員です。
どうか、ご理解をいただければ幸いです。

感染拡大防止のために4月13日〜17日は放課後子ども広場プラス、また同じく学校で実施予定だった昼食提供もは中止となることをお詫び申し上げます。

そして、昼食提供の決定、中止のどちらも迅速にご対応をいただいた新宿区政関係者のみなさまには感謝を申し上げます。

緊急事態宣言の時こそお子さんのリスクが高まるものだと考えております。
現金を給付することのみならず、積極的に児童福祉に取り組む必要性は変わりませんす。
アウトリーチのあり方も含めて引き続き要望を行ってまいります。

感染者数は増加傾向にあります。
関係者が感染をした場合には、業務を停止せざるを得ない場合もあることをご理解いただければと思います。

また、保育園も含めて、現場に人が集中しているというご意見もいただいております。
医療や社会を維持するために必要なお仕事を休むことができない方もいらっしゃると思います。
一方で、現場の改善にも限りがあるため、ご家庭と協力をしながら改善を進めていくことの必要性も感じています。
保育士の方からもよくご意見をいただくようになりました。
保護者のご協力で登園がゼロになる園もありますが、その場合でも出勤をしなければならないと伺っています。
保育士さんも必要に応じて出勤人数を減らせるよう要望を行います。

難しい問題ですが、行政と私たち区民が協力をして乗り越えなければなりません。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。