新宿区が「東京一極集中の是正」を掲げることは納税者に失礼では

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、総務区民委員会で、人口ビジョンや総合戦略の素案に関する説明がありました。

人口ビジョンの中に長期的な展望という項目がありましたが、「東京圏への一極集中の是正を目指す」という表記がありました。

なぜこのようなことを書いているのか質疑をしてみると、「フォーマットを引用して作成した」という趣旨の答弁をいただきました。

もちろん、地方が大好きな区民の方もたくさんいらっしゃると思います。
また、私自身も議会では災害についての協定や最近では電力に関する提携の提案などを行っているところで、地方との連携は必要だと考えています。

しかし、地方交付税やふるさと納税により、東京都民の税金は不合理な形で地方に流出していることは別問題です。
自治を推進し、地域で議論を行い、自分たちがお金を出して政策を実施することが私たちの仕事です。
国の方針であればありえますが、新宿区が東京一極集中の是正を掲げ、区民がその費用を負担するということになれば、もはや自治とは呼べないと思います。

地方創生事業は焼け石に水であり、自治体ごとに魅力的な税率や規制になるよう改革を行うなど経営にメスを入れなければ、根本的な問題は解決しません。

新宿区が各種計画等をフォーマットに従って作成していることがあり、影響を受けてしまうことは問題だと考えました。

そもそもお忙しい時に、国から言われて作らなければならなかったので、コピペもやむをえなかったのかもしれません。

このようなことがないように引き続き議論をします。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。