簿記受験後の学習計画

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

簿記1級の試験が終わりました。
問題用紙の持ち帰りができないため、自己採点はできませんが、相対評価で上位10%の試験では厳しいと思っています。
腕試しという意味では良かったと思いますし、見える世界が広がりました。

ほぼ雑談ですが、簿記が終わったので次の学習計画です。

12月〜1月大学院に集中
2月~4月 公認内部監査人
4月〜 予備校

兼業学生と言いながらも、重要な案件を12月まで繰り越していただけなので年始までは研究優先になりそうです。

内部監査の仕事をしているので関連する資格を取得して、大学院を修了できれば、そのまま4月からは予備校に通います。

そもそも改選期なので詰んでいますが、12月の短答を受験します。
早稲田に予備校の校舎があるので、受験生として通うことになります。
改選なのですでに詰んでいるのですが、5年計画でがんばります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員(無所属) / 1987年生まれ / 早稲田大学招聘研究員 / グリーンバード新宿チームリーダー / Code for Shinjuku代表 / JPYC株式会社。