第二回定例会の最終日でした

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、新宿区議会第二回定例会の最終日でした。
介護等従事職員、また特別支援学校職員等を対象としたPCR検査と、地域商業活性化推進事業について補正予算が提案されました。

地域商業活性化事業とは、プレミアム付き商品券とキャッシュレスの還元を行う事業のことです。
今回の予算では、プレミアム付き商品券事業を拡充し、10,000円の商品券で12,500円を購入できたものが、13,000円分のお買い物ができるようになるというご提案でした。

物価高騰により支援の必要性も理解しておりますが、コロナ禍から支援が繰り返されており、その財源は納税者負担です。
紙の商品券については500円増やしたことによる費用対効果がどの程度あるのか結果を検証することが必要と考えています。
さらに、キャッシュレスについてもこの事業で扱っていますが、紙よりもキャッシュレスを推進した方が良いと考えています。
どちらにしても普及率等の目標を定めてご対応いただきたいと全員協議会という非公式の会議で発言をしました。

議案はすべて可決され、閉会しました。
羽田新ルートに関する意見書が可決されましたが、傍聴の方がたくさんお見えになられていました。

第二回定例会でも、区民のみなさま、また行政や議会のみなさまと議論をさせていただきましたので、引き続きより良い区政を目指して頑張ります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員(無所属) / 1987年生まれ / 早稲田大学招聘研究員 / グリーンバード新宿チームリーダー / Code for Shinjuku代表 / JPYC株式会社。