議会広報も全戸配布できないか

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、自治・議会・行財政改革等特別委員会でした。

議会の広報について議論をしました。
ネットでも広報は公開していますが、強く関心のある方に限定されていまいます。
議案審査の結果、質問等について区民のみなさまにお知らせすることは必須だと考えています。

それをお伝えする議会だよりですが、新聞折込と希望者への戸別配布を行なってきました。
新聞を購読されている方は減少傾向にあり、折込での周知が難しくなってきました。
また、戸別配布も1万人ほど行っていますが、コストはそれなりにかかります。

広報しんじゅくも同じ手法で配布をされていますが、コロナに関連する情報は全戸配布を行なっていました。
議会だよりの全戸配布を広報しんじゅくと同時に行うことが、望ましいと考えて発言をしました。

引き続き議会広報の改善に努めます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員(無所属) / 1987年生まれ / 早稲田大学招聘研究員 / グリーンバード新宿チームリーダー / Code for Shinjuku代表 / JPYC株式会社。