新宿区民間提案制度の目玉はスマートシティにすべき

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、自治・議会・行財政改革等特別委員会でした。
令和4年度からスタートする新宿区民間提案制度について議論しました。
区民サービスの向上、財政負担の向上を目的に、民間事業者、NPO、任意団体等との連携を推進します。

これまで新宿区の民間との連携といえば、NPO等と連携した地域活動の延長的なイメージがありました。
私もNPO活動に取り組んできましたし、これからも連携は必要ですが、これまで新宿区が積極的に取り組んでこなかったデジタル分野が重要だと考えています。

民間と連携し、庁内の事務を超えてデジタル化を推進するスマートシティの推進が必要だと考えています。

スタートアップ新宿としても、スタートアップとの連携強化を徹底して提案し、イノベーションの創出に貢献したいです。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。