文書のデジタル化から議会DXへ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、自治・議会・行財政改革等特別委員会でした。

議会で導入した文書共有システムの利用状況について全議員を対象にアンケートの結果を拝見しました。
基本的なICTの活用はまだ道半ばな印象でした。

文書共有システムは生産性を向上する一つの要素ではありますが、さらなるデジタル化を進めていかなければなりません。
例えば、会議のオンライン化は必要です。
コロナで会議に出席できなくなる可能性もありますが、無症状であれば在宅で出席したいです。

以前もご報告させていただいた議会だより議会アンケート特集号について意見交換を行いました。
新聞折り込み、インターネットで配信予定なので、お読みいただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。