政治活動=運動。ポスティングの時間は削減しよう…

明日から9月の議会活動が本格化するため、
本日は終日たまってた事務作業に追われていました。
なんとかひと段落し、久しぶりにポスティングを行いました。
現在は区政レポートを配布しています。

議員になる前、このようなブログを書きました。
頭を使う前に、外に出ろ!政治活動は体力勝負

結局「伊藤陽平」の存在を知っていただけない限り、
どれだけブログで発信をしても誰も読んでくれません。
当選後も同じように「広報活動」が必要です。
そして、ネットだけでは不十分で、
やはりリアルでの活動も求められます。

数時間程度でしたが、ポスティングは良い運動になり、
気分転換になりました。

しかし、自分が何をすべきかは、
改めて考える必要があります。

街頭活動は、政治家本人でなければあまり意味はありませんが、
ポスティング等、代替が可能な仕事は、
議員本人がやる必要は必ずしも無いと思います。

本日のように運動だと割り切ってポスティングをしたり、
ボランティアの方々にご協力いただき
ポスティング大会を開催することはあるかもしれませんが、
基本的には外部の業者に委託する方針を検討しています。
(徒歩30分圏内くらいまでは自分でやることはあると思いますが。)

新宿区内で紙媒体を全戸配布するとなると、
原稿作成、印刷費、ポスティング、郵送などで1回でおおよそ50万円規模の費用がかかります。

以前もご説明させていただきましたが、
政務活動費で政策レポートを配布するということは、
選挙活動と混同してしまうため考えていません。

特定の団体からの資金援助も一切無いため、さすがに厳しい状況です。
やっぱり行き着くところは「金」なんだと実感しています。

最近、インターネット上で私のことを知ってくださった数名の方から、
寄付をいただくことがありました。
それを「広報費」として活用をさせていただくことにしました。

ちなみに、これまで開催していたポスティング大会では
1人1000枚を目安に配布していただいておりました。
これを外部委託をする場合は、1枚配布で約4円なので、
1000枚配布するとなると4000円になります。

日本ではあまり定着していませんが、
政治参加の一つとして「寄付」は有効な手段だと思います。

最後に、どさくさに紛れてカンパのリンクを貼らせていただきます←
カンパで応援!

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。