意識高い系冬休み!Prott、Cacoo等無料ツールでプロトタイプを作ってみよう!

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

年末年始に勤め先の仕事から一時的に解放される方も多いのではないでしょうか。

365日何か行動したいけどおもしろそうなイベントもやってないし…と悶々としている意識高い系の方もいらっしゃると思います。

そんな意識高い系の方にはプロトタイプ作りがオススメです!

実際に私が利用したことのあるツールを中心に、プロトタイプ作りに役に立つ意識高い系ツールをご紹介します。

Prott
アプリやサービスのアイデアをコードがわからなくてもプロトタイプまで形にするツール。
2015年に注目されたスタートアップの一つですね。

Cacoo
仕様に関するドキュメント作成で利用しました。特にワイヤーフレームを書く際には重宝します。

Chatwork
既に認知度が高いサービスですが、情報やファイルはオンラインで共有することが必須です。
最近はSlack派も増えてきている印象です。

ペライチ
コーディングができなくても、ティザーサイトの公開ができます。

また、番外編になりますが3日間でサービスのローンチを体験するスタートアップウィークエンドは意識高い系のメッカだと言えるでしょう。

スタートアップウィークエンド東京

(とりあえ)必要なのは意識の高さだけです。ハードルも無くスタートアップに足を踏み入れるきっかけはこんなにたくさんあります。

もちろん単なる座学ではなく、小さくても形にして市場に投下して実験を行うことも有効です。

市場性が見込めればプロトタイプの段階から数百万〜数千万の資金調達を実施して事業を加速させることも可能でしょう。

年末年始には、プロトタイプ作りに励み、政治とは別の角度から社会を見ることができました。

デジタルネイディブ世代として新しい議会活動のあり方に一石を投じるためにも、
今年は民間で成果を出すことを一つの目標にします。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。