卒業式は今も昔も変わらない。「旅立ちの日に」合唱は定番で王道

3月は卒業式シーズンです。
私も、来賓として地域の学校の卒業式にお伺いさせていただきました。

昨日は、落合第三幼稚園の卒園式へ。

園長先生のスピーチでは、
「小学生になったら、あいさつができるようにね。先生から最後のあいさつです。これまで、ありがとう。さようなら。」
と、心に刺さるメッセージで、私もジーンときました。。

そして、本日は落合第二中学校。

CdzHfQ1UEAE-e6Q.jpg-large

落合第二中学校の体育館で行われました。
スピーチがあり「旅立ちの日に」を合唱する流れは、私が中学生だった頃と変わりません。
昔から変わらないシチュエーションだからこそ、自分の経験に重ねて、感情移入をしてしまうものです。

タイムラインでも多くの方が卒園式や卒業式について書かれ、「卒業おめでとう!」の言葉や、幸せそうな家族の写真で埋め尽くされていました^^

来週は、養護学校と小学校の卒業式へお伺いさせていただきます。

簡単ではありますが、良い週末を。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。