プレジデントに橋本真助町議の記事が出て嬉しかった話

本日は、20代当選議員数名で、ビジネス雑誌として有名なプレジデントさんの編集会議・懇親会にお邪魔させていただきました。

プレジデント・オンラインなどネット上の記事をお読みになった方もいらっしゃるかもしれませんが、少し前に20代当選議員仲間でもある橋本真助みやこ町議会議員の記事が話題になりました。

一般的な議員像とは異なる発言、そしてビジュアルのインパクトもあり、結果的に記事に対するネガティブなコメントも目立ち、まさに炎上と呼べる状況になっていました。

私個人としては、政治家や候補者が過去現在のプライベートで何をしていても気にしません。
しかし、大人しくしていないと、世間の目が厳しくなってしまうこともあります。
政治家や候補者には過剰に清廉潔白さが求められ、日常生活でもプライバシーや人権などは認められなくなってしまいます。

本来であれば、その自治体の有権者が価値を認め選挙で当選する人物であれば、どのような人物であっても議員になることに問題はありません。

今日も橋本議員の話になりましたが、20代議員の多くは彼のことをリスペクトしています。
おそらく話をしたことがある人は、橋本議員は能力が非常に高い議員だと理解することになるでしょう。

橋本さんは、自身で会社を経営する経営者です。
記事をお読みいただければわかると思いますが、行政に切り込む視点は合理的なものです。

そして、議会活動の手法自体が独自性のあるもので、私ではどう頑張っても彼のような議員になるのは不可能です。
政治を変えるために、議員の多様性が大切だと改めて気づかせてもらいました。

橋本議員とは、またお会いしたいものです。

20代議員の会はSNSを通じたゆるいつながりの中にありますが、常にみなさまのことをリスペクトしています。

プレジデントさんの橋本真助町議に関する記事は議員の多様性を知っていただく上で素晴らしいものでした。
これまで積極的に20代当選議員のことを取り上げていただいたことに感謝申し上げるとともに、今後も斬新なコンテンツを楽しみにしております。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。