都議会では、公明連立解消で自民ピンチ!?千代田区長選挙、都議選(千代田区)に迫る危機

本日はこちらのニュースをご紹介。
都議会公明が自民と決裂「信義が完全に崩れた」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

都議会の情勢に大きく影響が出そうです。
来年の都議選で公明党と選挙協力ができれば、小池知事サイドの議席も伸びることになります。
都議会自民党は大ピンチです。

そして、お隣豊島区では、このようなニュースも。
自民除名の豊島区議らが新会派 「都民ファーストの会」 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

豊島区政にも、都民ファーストの会が誕生しました。
区政の場からも改革が行われ、小池都政にもますます拍車がかかります。

一方で、小池都知事と対立関係にあるとされている内田都議サイドにも動きがありました。
千代田区長選 佐々木中大教授が浮上 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

東京都議会議員選挙に先がけて、2017年1月29日には千代田区長選挙が告示されます。

小池都知事は、希望の塾で登壇された石川千代田区長を全面支援する見通しです。
一方で千代田区選出の内田都議サイドも候補者を擁立する方向で動いており、小池都知事VS内田都議の代理戦争になると予想されます。

石川千代田区長にとって厳しい選挙になる見通しでしたが、きっと今回の公明党の動きは大きな追い風になるでしょう。

また、仮に内田都議サイドの候補者が落選した場合には、都議選にも影響が出ます。

内田都議はまだ都議選の公認が発表されていない状況です。
もしかしたら選挙の結果によって進退を考えるのかもしれませんね。

東京都知事選の時からは全く想像がつかなかったほど都政、あるいは区政の場にまで変化が起きてきていますが、現職の議員として今後の小池都政の動きに注視していきたいと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。