西落合町会で、ついにもちつきデビューしてタイムラインへ…

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、西落合町会の餅つき大会へ。
政治家の定番ですが、私も三年目にしてついに餅つきデビューすることになりました!

実は議員になる以前から続けていたグリーンバードが土日にあるため、行事と日時が重なっていました。
本日は、他のメンバーに運営をお願いすることでお休みをいただき、参加をさせていただきました。

私が選挙で当選する前は、冬になると政治家のタイムラインで一斉にもちつきの画像がアップされるのは、なんだかおかしいなと感じていました。
もちろん、プライベートで地域活動をされることは理解できます。
しかし、一日数件や場合によっては2桁もの会場をハシゴすることもありますし、選挙という要素も含まれてくるため明らかに仕事に見えました。
政治家の行事参加についてはネット上でもたびたび論争になります。
政策の勉強をする時間にあてた方が有効だという考え方もあるでしょう。
また、多忙な政治家のみなさまこそ、ゆっくりお休みいただくことも必要ではないかと思っていました。

そんな私も少しずつ考えが変化しています。

過去のブログはこちら。

一年目
夏だ!祭だ!政治家参上!?私が祭や式典に参加しない理由

二年目
ごめんなさい。地域のお祭によくいってます。

地域活動に対しては様々なお考えがあると思いますし、各自の自由です。
一方で町会等の地域活動に顔を出さない区民の気持ちもよくわかりますし、彼らの立場を尊重した上で議会での活動に取り組んできました。
町会の活動自体は大変素晴らしいものですが、新宿区に住む若い世代の興味や関心とマッチしにくいため、多くの若者が自主的に参加するところまでは至っていないのが現状です。
そして、新宿区のように遊びや社会的活動の選択肢が多い街では、なおさら町会が選択されることは減ってくるでしょう。
地域活動に参加しない方が増えてきたからと言って、過度に問題視することはおかしな話だと思っていますし、前提として現役世代は仕事を通じて社会に十分貢献していることを忘れてはいけません。
昨日グリーンバードの事例を書かせていただきましたが、自宅でも職場でもない、若い世代が強制されることなく自分の意思で楽しみながら、町会も含めたゆるい地域のつながりをつくっていくことが大切だと思っています。

このスタンスは今でも変わりません。
様々な活動に参加することでさらに視野を広げ結果につなげるためにも、こうしてブログで記録をつけることにしています。

西落合町会のみなさまには、大変お世話になりました。
また、町会の活動にも参加させていただきます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。