地域との連携からミスコンお掃除まで!グリーンバード新宿チームのリーダーとして頑張ります!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、グリーンバードリーダー会議へ。
今年度から私が正式に新宿チームのリーダーになりました。
リーダーが集まり、様々な議論が行われました。
なんと、ボストンチームからの参加者も!

各チームから抱負が述べられました。
新宿チームがこれから何をするのか簡単にご説明させていただきます。

まず、地域からの参加者を増やすことを目指します。
そのためにも、広報を徹底し、地域での認知度を高めます。
これまではグリーンバードの参加者は大人の方が多い傾向にありました。
これからはお子さんに参加してもらえるよう、新たな企画を積極的に進めます。
すでに早稲田お掃除では商店会とコラボして、地域の小学生が主役となり、80名以上が参加する大きなイベントが行われました。

類似する企画を他のエリアにも広げていきたいです。

さらに、エンターテイメント要素を加えるために、キラーコンテンツとしてミスコンの誘致を進めています。
以前、アイドルグループがお掃除にいらしたことがありました。
その際に、参加者が殺到したことが衝撃的でした。
動機は様々ですが、ボランティアに取り組まれた事実に変わりはありません。
また、女性からのご要望もあるため、ミスターの誘致も進められればと思います。

そして最後はスタンプカード制度の導入です。
一度お掃除に参加しても、継続することは難しいです。
そこで、お掃除をたくさんするとタオルやジャケットなど、豪華なグッズが手に入る仕組みを導入しました。
すでに本部との調整は終わり、次回のお掃除から導入が決まっています。

楽しくボランティアができるよう、新たな視点を取り入れながら頑張ります。

本日のリーダー会議で、歌舞伎町チームの手塚マキさんから、歌舞伎町チームからナイトタイムエコノミーを推進すること、さらに民間議会を立ち上げる構想についてご説明がありました。

詳細については、改めてブログ等でご案内させていただきますが、お掃除をしながら議論を重ね、企画案につながりました。

他にも、新宿区内には二丁目チームがありますが、積極的に参加して、交流を深めてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。