コンビニのレジや放送で選挙啓発の効果は?歌舞伎町のアナウンスみたいに踏み込もう

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

議会は閉会中ということもあり、次の議会の準備を行っています。
これまで欠かさず質問を続けてきた若者と区政に関するテーマは、次の定例会でも行う予定です。
本日は、新宿区選挙管理委員会事務局と意見交換をさせていただきました。

前回は、11月に控えた新宿区長選挙の啓発について質問をさせていただきました。

新宿区長選挙では、若者の投票率(前回20代11%)を必ず上げたい!HP、広報、コンビニを活用した啓発も実施予定

2018.06.13

答弁によると、私が提案してきた新宿区ホームページによる候補者まとめコンテンツの掲載、そしてコンビニのレジの表示や店内のアナウンスによる告知を行う予定です。
これまでもコンビニで啓発は行われていました。
もちろん効果測定は難しいですが、啓発の機会として必要だと考えています。

さらに成果が出るように工夫が必要です。
まず、これまではただ選挙の日程が告知されるだけでした。
しかし、なぜ新宿区長選挙に投票するか、その動機も必要です。
例えば、2000億円以上も予算があることを知っていただくことは必要だと考えています。

また、放送に関してもコンビニで集中して耳を傾けることはありません。
新宿区では歌舞伎町で客引き防止のための個性的なアナウンスが行われています。
選挙でここまでの表現ができるわけではありませんが、一票を無駄にしないように踏み込んだアナウンスを行う必要があります。

私は、区民が主役のまちづくりを目指しています。
そのためは、具体的な政策の前に、まずは若者の区政参加や投票率向上等のプロセスの方が重要になります。

すでに選挙管理委員会事務局で具体的な取り組みは決まっていて大筋では良いと考えていますが、何をするか細かな中身も大切です。
選挙管理委員会事務局にも熱心に取り組んでいただいておりますが、答弁がでた後も進捗を確認し、必要に応じて次回の議会でも取り上げてまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。