特別支援学校2日目が最終日!音楽の授業やピアノ・ギターでコミュニケーション!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

特別支援学校での介護等体験の2日目でした。
晴れていたら、近くの商店街へお買い物に行く予定がありました。
たまたま行き先が私にとっても馴染みのある商店街だったこともあり、個人的にも楽しみにしていましたが、残念ながら雨天中止となってしまい、工作を行いました。
実は教員の方のみで外出は難しいのですが、実習生の人手があれば車椅子を押せる台数が増え、遠征できます。
校内はバリアフリーが徹底されていますが、街には段差が多く車椅子では移動が大変な場所もあります。

給食の後は、音楽の授業がありました。
モーツァルトのフィガロの結婚を鑑賞したり、打楽器を演奏したり、楽しい授業でした。

生徒とのコミュニケーションは、話しかけても言葉が何も返ってこないこともあり、非常に難しさを感じていました。
自由時間には、現場の先生に機会をつくっていただき、ピアノやアコースティックギターでパフォーマンスをさせていただきました。
生徒から好きな曲をリクエストしてもらい、即興で演奏しました。
私の演奏に合わせて歌ったり体を動かしてくれました。
表情の変化から、音楽を通してコミュニケーションが取れた瞬間を感じました。
地域行事でもたまにパフォーマンスをさせていただくこともありますが、得意な音楽が教育の現場でも役に立ちそうです。

特別支援学校へ通った2日間はあっという間でした。
議員としても「インクルーシブ」をキーワードに活動に取り組んできましたが、障がいのある・なしに関わらず、個性を尊重することの大切さを現場で感じることができました。
さて、残すは教育実習で、楽しみにしております。
受け入れてくださる学校があれば、ぜひお声がけください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。