議会活動の方針について

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、当選証書をいただきました。
当選したからには、区民のみなさまのご期待にこたえるためにも、議会活動に力を入れます。
早速ですが、議会活動の方針についてお伝えします。

1.掲げた政策テーマは優先的に取り組む
政策として掲げたテーマを優先に議会活動に取り組みます。

箇条書きですが、細かな説明については今後ブログ等で丁寧に行います。

所属委員会にもよりますが、児童養護や動物愛護等も加えて積極的に取り組みます。

2.議会活動の主役は区民
新宿区政の主役は区民です。
選挙以外の時期であっても、区民のみなさまが主役で、私の独断で議会活動をすることのないよう配慮します。
引き続き、議会質問の公募を行います。
「区民のご意見を伺う」「区民の声を届ける」という表現はなじみません。

私も議員にしかできないことは全力で取り組みますが、主役は区民のみなさまであることをご理解いただき、議会活動にご参加いただければ幸いです。

3.パフォーマンスよりも調整重視
当選したからには、政策実現を目指します。

そのためにも議会を意見表明の場にするのではなく、調整に努めます。

負け惜しみになりますが、一人会派では多数決では歯が立ちませんし、良い答弁を引き出すことは難しいです。

行政や他会派の動向を確認しながら、丁寧に調整を行い、答弁を積み重ね、少しでも政策を前に進めることを優先します。

また、議場で政策的なスタンスの違いを表明することはあっても、行政や他会派と私的な喧嘩をすることのないよう配慮をします。

これから四年間頑張ってまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。