目白大学でママさんもScratchプログラミング!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日はご近所の目白大学へ。
ママさんたちが集まってプログラミングを体験する取り組みを見学させていただきました。

Scratchでゲームを開発するワークショップが実施されていました。
操作に関するサポートをさせていただきましたが、ほとんど説明することもなく、モクモクと開発されている様子でした。

一連の開発を終えてから、
「保護者としてプログラミング教育とどのように向き合うか」
「プログラミング的思考とは何か。」
「Minecraftは家に帰っても熱中する子どもが多いのはなぜか。」
など、活発なディスカッションが行われました。

目白大学の先生や学生さんと連携しながら、区内のプログラミング教育を進めたいです。

せっかくなので、学食で安くて美味しいランチをいただきました。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。