梅雨は体調を崩しやすい?

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

雨が降ったり止んだり天候が安定しないこともあり、グリーンバードで予定していたお掃除もお休みになりました。

声が出なくなる夏風邪?からも回復し、特に仕事に支障があるわけでもありません。
しかし、喉に少しだけ違和感があり、咳が出たりと完治とは言えない状態でした。

家から出ることを断念して、薬を飲んで休むことにしました。
ディズニーチャンネルで映画バンビがはじまったので鑑賞することにしました。
1942年の作品ですが、非常にクオリティが高い作品でした。
昼寝をしてほぼ完治と言える状態になりました。

思い返すと、子どもの頃は喘息を持っていたこともあり梅雨の時期は体調が優れませんでした。
大人になってから回復をしたこともあり、発作が出ることはほとんどありません。

しかし、風邪をひきやすい体質なのか、6月中旬の定例会中にも風邪を引いていました。
初日には微熱が出て咳や鼻水が出ていましたが、自分の出番がある二日目には回復して質問をすることができました。
思い返すと周囲の議員もマスクをしながら咳きこんでいたり、最近も体調不良で欠席をする議員が出たり風邪が流行っているのかもしれません。
梅雨の時期に体調を崩さないようお気をつけください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。