noteで梅木雄平氏のコンテンツ購入。スタートアップの投資判断を3,000円で読めるって、いい世の中になったなぁ。

本日は意識高い、スタートアップ関連のネタを。

2015年に1億円以上資金調達したスタートアップのTheStartp独自投資判断

「TheStartup」の梅木雄平さんが、A・B・Cの三段階で投資判断基準について書かれた記事です。

☆TheStartup投資判断基準
A:既存投資家にそれなりのリターンを還元できると確信
B:懐疑的かつ投機的。まだわからない。ボラティリティ高い
C:回収不能

この記事では、昨年IPOで話題になったメタップスや、10億円以上の資金調達を実施した企業に関する紹介とコメントがありました。

この記事には続きがあり、「note」というサービスで3,000円払うことで、1万字を超える濃厚な情報を全て読むことができます。
もちろん、こちらのレポートをそのまま参考にするわけではありませんが、産業政策を訴えるためには最新のトレンドを広く把握することが必要があり、私も購入して読んでみました。
この内容で3,000円は価値があります。
専門性の高い情報が、気軽に読めるようになるのは嬉しいですね。

2015年に1億円以上資金調達したスタートアップ125社のTheStartp独自投資判断(前編:60社)

実際に、かなり売れたようです。
今回公開されたのは前編で、後編も作成されるそう。
今から楽しみです。絶対読みます。

【追記】3,000円のnoteが公開1日半で200冊以上売れた件

note ――つくる、つながる、とどける。

新たな収益源としてnoteのようなプラットフォームを活用する方は増えていくでしょう。
実際に、梅木さん以外にもブロガーのイケダハヤトさんや、はあちゅうさんも有料コンテンツを販売されています。
それぞれの個性が出ていて、ブログを読んでいるファンの方なら読みたくなると思います。
著名ブロガーの方々が参入して盛り上がってきたタイミングですし、新たなコンテンツの誕生すに期待したいと思います。

 

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。