平和だからと油断していると。。社会もアップデートしなきゃウイルスにかかるねん

paku政治経済には常にアップデートが必要だと思います。

こんなに平和な国だしもはや何を変えるの?

僕なんかが影響与えられることあるの?

という方も多くいらっしゃると思います。

 

実際選挙に足を運んでない方の中で、

日本が平和だからもはや改めて改革も必要はない

 

ということを言ってる方もいました。

 

しかし、

日々アップデートしているパソコンのごとく。

アップデートしないとすぐにウイルスでまみれてしまうリスクがございます。

 

見た目ではわからないので、

世の中一見平和そうにみえますよね。

 

アップデートをしないとウイルスに感染するリスクはジワジワと高まっていきます。

パソコンのアップデートが頻繁にあるということ、

危険がいっぱいの裏返しですよね。

話を戻すと、

政治経済においてもアップデートは必須です。

その理由は大きくは二つあります。

 

一つ目は、

平和なのはあなたの周りだけかもしれないという状況下にある

からです。

例えば、豊かなはずである新宿区でも新宿御苑あたりを歩けば、
不本意な形でホームレス生活を送っている方がいらっしゃったりします。

自分とは関係なかったり、

相対的に小さいからこそ気がつきにくいことがたくさんあります。

このような問題を解決するために社会起業家という、

行政とは別にビジネスサイドからのソリューションが育ってきています。

このようにアップデートは起きつつありますが、まだまだ社会起業家がメジャーな存在とは言えるとは思いません。

社会起業家と接する機会自体も普通に生活してると皆無なのではないでしょうか。

 

二つ目は、

目の前にある平和は既に偽の平和になっているかもしれない

ということが考えられます。

表向きは平和に見えるけど、実は裏ではとんでもないことが起きているという場合です。

例えば表向きにはかっこよく上場してるけど、

裏では粉飾決算をしていたり、

社会のためにと言いながら、

税金を食い物にして将来とんでもないツケを残したり、

いろいろとあると思いますが、こちらは内部に入りこまない限り気がつく可能性は皆無でしょう。

このように一見、平和そうにみえても平和じゃないことがたくさんあります。

気がつきにくい偽の平和を真の平和にするためには定期的なアップデートが必要です。

アップデートの方法としては、

定期的な人の入れ替えが良いと考えています。

例えば、

年功序列にとらわれず本当に能力が高ければ年齢に関係なくチャンスが行き渡るような世の中であれば、

アップデートが加速すると思います。

それでは本日はこの辺で!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。