こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

少し前の話ですが、日本政策学校を無事卒業しました。
日本政策学校は、本当に素晴らしい学びの場でした。

日本政策学校-主義主張・政党を越えて政治を志す人の学びの場

まず、テレビでもお馴染みの超有名政治家や専門家からの講義が受けられることは大きなメリットです。
党首、党幹部、自治体首長、そして安倍総理が講義をしたこともありますが、普通はなかなか話を直接聞けません。
そして、懇親会があり講師の方々とも交流ができます。

日本政策学校には、政治家やNPO志望の方が特に多く、学んだことを活かして社会的にアクションを起こそうとしている点が特徴的でした。

各分野で活躍されている方と出会い、刺激をいただいておりましたが、
「新宿区民で伊藤さんに投票しました。」
という方もいらっしゃったり、驚くような出会いもありました。

そして何と言っても、フィールドワークが素晴らしいです。
政策立案コンテストが行われますが、実際に現場視察を行います。

高齢化5割の戸山団地、「暮らしの保健室」が生まれて6年目

戸山団地の視察でご一緒させていただいたさいとう誠さんは、その後選挙に当選し地方議員になりました。

また、来月には夕張市の視察を行いますが、私も参加予定で楽しみにしております。

専門家の方に夜遅くでもフィードバックをしていただいたり、本当に手厚いご指導をいただくことができます。
大学や大学院で政治を学ぼうとすると、数百万円のお金がかかります。
日本政策学校では、なかなか出会えない講師の講義や、受講生の出会いがありますが、入学金と毎月たったの4980円という飲み代程度でコミュニティに参加できます。
人によっては様々な感じ方でしょうが、私は非常に良心的な価格設定だと感じました。

ぜひ、政治にご興味のある方は、日本政策学校への入学をご検討いただき、積極的に学んでいただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。