新宿区内でも使える!今更だけどUberEATSが便利

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

今更ながら、先日UberEATSを利用してみました。

Tokyo のフード配達サービス – UberEATS

自動車配車のUberというサービスを耳にしたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。
Uberは世界中で普及していますが、日本では厳しい規制により自家用車をタクシーとして利用することができず、正規タクシーのみしか利用できないことから、苦戦を強いられています。

一方でUberEATSは、飲食店の料理を届けてくれるサービスです。
スマートフォンのアプリから、お店やメニューを選ぶことができます。

料理は自転車で運ばれてきましたが、注文後にどこを走っているのかもアプリで確認することができます。
注文後、20分ほどで料理が到着しましたが、同時にアプリで通知が届きました。

サービスがリリースされた当初は、港区など一部のエリアでしか利用できませんでしたが、現在は新宿区内でも利用することができます。

デリバリーなのでお店の場所に関係なく食べたいものを選べるため、新しいお店との出会いがあり、いつものランチタイムが楽しくなりますね。

大変便利なサービスなので、ぜひ一度ご利用いただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。