都議選迫る。都民ファーストの会、新宿区は「森口つかさ」さん

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

夏の東京都議会議員選挙まであと3ヶ月を切りました。

街中には、都政に挑戦される方の演説会告知のポスター(2連続)が掲載されています。
駅などでは街頭活動も活発化し、自宅のポストには政治家のチラシが投函されていたり、夏が近づいてきたことを感じます。

都民ファーストの会の動向が注目されていますが、昨日「森口つかさ」さんが新宿区で都政に挑戦されることが発表されました。

平成29年執行 東京都議会議員選挙 都民ファーストの会 公認候補予定者決定(九次)PR TIMES

覚えている方もいらっしゃると思いますが、森口さんは昨年夏の都知事選と同時に行われた新宿区の都議補選で立候補された方です。

氏名  :森口 つかさ(もりぐち つかさ)(新)
選挙区 :新宿区選挙区(定数4)
生年月日:昭和57(1982)年2月18日(35歳)
最終学歴:京都大学 工学部 物理工学科 卒業
職歴等 :(現)希望の塾 塾生
     (現)会社役員
     (元)衆議院議員小池百合子 秘書

当時は、選挙ドットコムで選挙に関する記事を書かせていただいていたこともあり、森口さんと直接お会いして、取材をさせていただく機会がありました。
選挙戦序盤に日刊ゲンダイからネガティブキャンペーンを受けていたことで、その対応に苦労されていましたが、取材を通じてデタラメな記事だということが明らかになりました。

小池ゆりこ氏の元秘書。裏金疑惑の中心にいる森口つかさ都議会議員候補|最年少区議の選挙現場レポート(選挙ドットコム)

結果としては小池百合子都知事の圧勝でしたが、昨年夏に立候補された際には、世論調査の結果を見ても勝算は不透明な状況でした。
そんな中で都議補選に立候補された勢いに、同じ若手として刺激を受けたことを覚えています。

本日は、報道後に初めてお会いすることになりましたが、夏に向けての意気込みをお話されていました。
森口さんは、東京青年会議所 新宿区委員会として地域活動に熱心に取り組まれてきた方です。
また、実現したい政策についても熱心にお話をされていました。
将来的には都民ファーストの会の政策通として、都民の利益のために政策本位でご活躍されることを期待しています。

駅頭活動なども、日々取り組まれているようなので、ぜひご注目いただければと思います。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。